素集庵 - hut on a phase transition

散逸構造、形態形成、創発といった用語に触発された思考のメモ書き。趣味から政治の雑感も。

進化論はゴジラだと言いたいのかどうか

久々の投稿 m(__)m

 

放送大学が2018年に制作した「“科学”からの招待状 地球生命シリーズ(全2回)」で使われる音楽について。そのうちまた再放送されるかな。

 

第2回『人類につながる生命進化』の半ばあたり、

多生物共生体の登場から、エディアカラ生物群の絶滅を経てカンブリア爆発を解説する一連のCGのBGMに、

「Who will know (24_bigslow)/悲劇」が流れる。なぜここで・・・

 

映画『シン・ゴジラ』(2016)の劇伴曲である。

曲のモチーフは、ヴェルディのレクイエムから得たと思っているが、それはともかく、

同映画の半ば過ぎ、熱線を吐くよう最終形態に変態したゴジラが、首相の乗った陸自のヘリEC-225LPや米空軍B-2戦略爆撃機を撃墜し、都心部を焼き尽くすシーンで使われる、人々の絶望を現すかのように、胸の締め付けられる物悲しい曲である。

 

まさか、ゴジラのような究極の生命体を生み出すためのプロセスが進化論だと言うつもりはなかろうけれども、

環境の激変が進化を促し、現れた新生物群が旧生物群にとってゴジラ的だとでも言いたいのか、

制作者の選曲の意図は不明である。

 

ともあれ、

生命進化の番組の録画再生を途中で止めて、シンゴジラを見直してしまった。。。

 

この地球生命シリーズのオープニングに使われた曲は、

誰も寝てはならぬ (Nessun Dorma)」

プッチーニのオペラ「トゥーランドット」の有名なアリアである。

 

これもなぜ?なのだが、生命賛歌に聞こえてしまうから不思議なものである。

オペラから、勝利だとか愛だとか、あるいは

ゴジラから、悲劇だとか(死と)再生だとか、

進化論の研究成果に人文主義的な色彩を添えるのは、別の事を考えてしまって正しい理解の阻害要因になりかねない、、、

というか、

笑ってしまうのでやめて欲しい、と切に思うところである。

 

アラスカ横断犬ぞりレース

今年もアラスカ横断犬ぞりレース Iditarod の季節がやってきた!

iditarod.com

Yukon Quest と並ぶ極限の犬ぞりレース。日本では、犬ぞりのコアなファン以外には、日本人が出る時くらいしか話題にもならないけれど。

今年の参加マッシャーを見てびっくり。マッケイの3代目がいる~!

祖父ディックが1978年を、父リックが1983年の Iditarod を制したマッケイ家直系、ブレンダ・マッケイが出走する。親子3代の出場は初めてではないだろうか。

スタートからゴールまで、優勝者で約9日掛かる過酷なレース、一度は本場で見てみたいもの。特に今年はネット情報で我慢するしかない・・・見どころ満載、犬ぞりファンは見逃せない。

 

世界銀行からの借款を完済した日

日本は戦後、発電所や高速道路、新幹線の建設のため、世界銀行から多額の資金を借りていたが、その最後の返済の日がいつだったのか、山梨県立図書館のレファレンスに書いてあった。

レファレンス事例集

1990年(平成2年) 7月15日。

バブルの真っ最中、世界第二位の経済大国ともてはやされていた時期。この時まで、借款が残っていたことに驚いた。

 

当時輸銀にいたという知人に聞いた話では、

当然のことながら、それ以前に完済するだけの経済力は日本には既にあったが、世界銀行の方から、当初計画通りの返済とするよう頼まれた、のだとか。

金を返す余裕ができたから前倒し返済というのは、日本人の個人的感覚ではそうなのかもしれないが、多国間ではそうではない。

日本が自発的返済のつもりでも、他の借款を受けている国がそう思うとは限らない。計画通りに返済する優等生である事が求められた、とかなんとか。開発独裁国の事情や、返せない国もあるのが実情ともなれば、なるほど、と思いたくもなる。

多少潤ったら借金を取り立てられる、と見られかねない事例を作る事を、世界銀行が嫌がった、らしい。

 

本当の話かどうかは知らないが、多分そうなのだろう。

 

それにしても、誰かは知らないが、そもそもの質問、それも県の図書館を使ったのはどういう意図なのだろう・・・(笑)

答えたレファレンスにお見事、と申し上げたい。

 

全球凍結の示唆する事

地球物理学で提示されているモデル「全球凍結」(Snowball Earth) は、最近では高校の地学の教科書にも載っていると聞いて、いよいよ定説化してきたと感じる。

地球46億年の歴史の中で、少なくても2回、地表が凍結したという話である。最初に聞いた時には4,5回と言われていたような記憶があるので、回数はその後の議論で減ったのかもしれない。

 

この仮説の、現代社会に示唆する重要な点は、凍結の終わり方にある。

すなわち、気候ジャンプ、地表面での平均気温が60℃以上にもなろうかという、温室効果である。

地球大気温度の安定点は、アルベドが80%を超えるような状態による全球凍結時の-40℃以下、現代の15℃程度、そして、極端な温室効果による60℃以上の辺り、である。

上下の安定点はそれなりに安定で、そこからはなかなか抜け出さない。それに対して現代の気温は、割と不安定に近い安定である。

全球凍結が解ける時、-40℃から60℃へ一気に気温が上がる。15℃では止まらない。

 

現代の温暖化が続き、蓄熱を担っている極地方の氷が全部なくなったら、アイス・アルベド・フィードバックの行き着く先、気候ジャンプしてしまうのではないか、と危惧している。

環境活動家達は、今世紀終わりには今より数度上がる、という絵をよく使っているが、そんなものでは済まないのではないかと思っている。

もちろん、地球システムはそれほど単純ではなく、極地方の氷がなくても、今より多少暖かいという時期は過去にはあったわけだが、原因が温室効果ガスの増大であるから、金星モデルが登場するのもやむを得ない。熱量を宇宙空間に放出できなければ、結論は見えている。

 

気候ジャンプしてしまったら、ビッグファイブを超える大絶滅となる。

 

アニメ・特撮の名曲を語る(その5) 銀河鉄道999(ゴダイゴ)

映画版 銀河鉄道999(1979)

 

1979年(昭和54年) 8月23日、アニソンの世界は、確かに相転移した。

 

久米宏黒柳徹子が司会を務めたヒットチャートTV番組「ザ・ベストテン」で初めて1位になった日である。

7週に渡って1位を維持した、ゴダイゴによる映画のエンディング曲は、それまでのアニソンの市場が、いわゆる子供向けのカテゴリーから、狭義の歌謡曲、メジャー市場でも通用する流行歌になりうる事を、世間が認知した最初の瞬間だと言える。

現代に続くアニソンの新たな歴史が開いた日である。

 

それまでのアニソンが、本編のイメージに沿うよう作られた、ある一面で本編の付属品であったのに対し、劇場版銀河鉄道999は、本編とは一線を画す事で、流行歌として成立した。

歌詞自体には、本編の設定(原作者松本零士の世界を減じた映画版表現としての)が色濃く反映している(作詞はゴダイゴではない、奈良橋陽子山川啓介)ものの、タケカワユキヒデの、ゴダイゴとしての歌い方と相俟って、旋律の紡ぐイメージは映画作品ないし原作とは大きな乖離がある。

TVシリーズのオープニングあるいはエンディングと比較すれば、違いは更によく分かる。原作にある四畳半的な色彩は、映画版の歌には全くないのである。

 

アニソンが、作品と距離を置いて良い事となったため、楽曲制作の自由度は高まった反面、流行歌として成立しなければならないという新たな制約を課せられたと考える事もできる。

現代のアニソンが、軒並みCD・配信等によって売りに出され、容赦ない市場の選別を受けるようになったのは、ゴダイゴによって、この映画版の「銀河鉄道999」によって始まったと言っても過言ではないだろう。

 

作曲・ボーカルのタケカワユキヒデは、後に次の様に語っている。

「音楽は、環境音の変化に伴ってその形を変えている。畑や田を耕すことがメインだった時代には、木の音をメインにした笛や太鼓、都市が発達すると金属音、特に金管楽器のような音が大きくてせわしい音楽、現代のような騒音の時代には、その騒音を追体験するかのような激しいロックからラップへと、人々が求める音楽は常に環境音と共に変化してきている」

その上で、こうも言う。

「音楽が発展していくその中だけの制約、美意識が次の発展を決めていく」

放送大学ラジオ特別講義「音楽表現と情報環境」(2014年開講)より。講義の放送は終了している。)

 

環境音とは、変化する社会的な動的環境であり、音楽制作が原則として差異化を指向する作業であると考えれば、プリゴジン以来の散逸構造を示しているさえと言える。

でき上った音楽が、芸術品なのか、ゴミとしての吐き出されるエントロピーであるのか、区別するのは至難である点は別問題だが、いずれも次の楽曲を支える環境音あるいは環境騒音となっていくことに疑いの余地はない。この経路依存性を1979年当時、どこまで認識していたのかは知らないが、実践してしまったことは歴史的事実であり、本人の理解した環境に対する美意識の発露であり、流行歌手としての歴史あってこそ可能であった、アニソン世界の一大革命である。

本人の弁がとても重く、大変興味深い。

 

アニメ・特撮の名曲を語る(その4) ハクション大魔王の歌

ハクション大魔王(1969-1970)

初期はオープニング、後にはエンディングとして使われた。

 

アニメ作品の主題歌は、草創期から、本編のイメージを代弁、あるいは本編そのものを規定するべく、様々な音楽的実験の場としても存在していた。流行歌の制約がなかったとしか思えない、自由な時空間であった。

ハクション大魔王の歌」は、その成果の極致であり、様々な面で完成されたものである。

 

60年代エレクトリック・ギター人気の歪み系エフェクター、ファズの音に始まるイントロが、本編の時代と不条理性を象徴し、その上で、この曲は演歌とロックの融合である点に注目する。

すなわち、こぶしを効かせる嶋崎由理が当時12か13歳だった事にも驚くが、日本歌謡と当時の時代を象徴するようなロックンロールとの融合にして、本編の作品世界と境界を持たないほどに完成されたイメージを紡ぎ出している点で、歴史に残る唯一無二の名曲となっている。

アニメ作品およびアニソンを超え、音楽作品としての成功体験として高く評価されるべきである。この構造を持つ曲は、寡聞にして他に知らない。

 

この曲がいかに強力であったかは、昨年放映された50年振りの第二期、と言ってよいのか新作の「ハクション大魔王2020」のオープニング曲「サテスハクション」が傍証している。

聞けばすぐ分かるが、リフは往時のまま、更には、ザ・ローリング・ストーンズの大ヒット曲「Satisfaction」のオマージュにもなっている。それほどのビッグタイトルを持って来なければ、第2期のオープニングにはなれなかったと言えよう。

ヒトの記憶とは残酷でさえある。

 

個人的には、

ジャズピアニストの板橋文夫が、90年代以降、民謡とコラボした野心作を発表しているが、この大魔王の歌にインスピレーションの元があったら面白いのに、と妄想している、等々。

 

今なお、新しい。

 

23区内での自転車の使用禁止を

自転車は、

自分勝手な危険運転が多い。ぶつかっても謝らない。LEDがまぶしい。歩道を走っている自転車に限って、歩行者に文句を付けてくる。

とにかく交通ルールを守らない。

 

自転車は、防衛・警察・消防・TEC-FORCE だけに使用許可するとして、

都市部のような、特に23区内の住宅地のような過密地域では、一般人の使用は禁止するべきだ。

警察以外に、今どれだけ自転車の使用ニーズがあるのかは知らないが。

 

禁止すべきは使用だけに留まらず、完成車・部品を問わず、研究開発、生産、使用、所持、譲渡、貸渡し、輸入、輸出も対象とすれば、より徹底した規制となろう。

 

無論、自転車それ自体の技術が問題なのではない。

技術者倫理と同じような事で、使う側の意識であり、この場合は、法令遵守の意識の欠如が危険を増大させている。

自転車の免許制度の議論も一部にはあるが、一般人の教化に要する費用より、禁止の方がよほど安上がりだ。 最近流行りの Uber Eats 等は、徹底的に取り締まらなければならない。

 

一刻も早い危険除去を望む。

自動運転レベル5が適用される二輪車ができた暁には、一般人が乗ってもいいと思えるかもしれないが。